買取専門 金貨のアヒル屋では、国内外の金貨や銀貨、記念硬貨、貨幣セット、古銭などを宅配で高額買取いたします。《年中無休》

査定料・手数料・送料は基本0円

お問い合わせ 電話番号

メールでのお問い合わせ

金貨のアヒル屋ブログ

明治三年名旧二十圓金貨の希少価値と買取価格

 明治三年名旧二十圓金貨は4,000,000円以上の高額で取引されることのある希少性の極めて高い金貨です。今回はその旧二十圓金貨の特年銘とその希少性からくる価値をご紹介します。

旧20円金貨の特年銘とその価値

1877年(明治10年)旧20円金貨 買取価格:1000万円~

 こちらは流通貨幣としての発行ではなく、展示もしくは贈答用目的で鋳造されたために発行枚数はなんと29枚でした。 市場で見かけることは滅多にないため買取価格の最高値がわかりません。

1876年(明治9年)旧20円金貨 買取価格:800万円~

 こちらの金貨も流通貨幣としてではなく、展示や贈答などの目的で鋳造されたため発行枚数954枚と大変稀少です。 そしてこちらも市場で取引きされることが滅多にない金貨となっています。

1870年(明治3年)旧20円金貨 買取価格:400万円~

 発行枚数46139枚と少ない上に、海外流出が多く現増数が更に少なくなっているため市場の価格が高くなっている金貨です。

1880年(明治13年))旧20円金貨 買取価格:1200万円~

 発行枚数103枚のみ。こちらも流通貨幣としてではなく、展示や贈答などの目的で鋳造されたため少数発行となっています。

  明治三年名旧二十圓金貨の希少価値と買取価格  

 新貨の条例が 明治4年に公布されたことにより1円、2円、5円、10円、20円5種の金貨が当時発行されました。お詳しい方には明治金貨には、旧金貨と新金貨と呼び分けられていることがよく知られていことと思います。旧金貨とは明治30年まで鋳造された金貨のことで、その後の明治30年以降に鋳造された金貨は新金貨と呼ばれています。新旧全体のなかでも旧20円金貨は、直径が約35㎜の大型金貨の上に発行枚数も少ないため、コレクターや収集家間でたいへん人気の高い近代金貨を代表するものです。

 

 上記のように、予想もつかない高額取引となる古銭や金貨の真贋、査定を無料で行っています。気になる買取価格は金貨のアヒル屋までお気軽にお問い合わせください。金貨のアヒル屋は東京、千葉、横浜、大宮など関東エリアに店舗展開しています。店舗案内ページにてご予約やアクセス方法などをご覧ください。

▲pageのtopへ戻る